便秘解消の近道は便秘を知ることから!

便秘とは、排便をする回数が減少することですが、その回数は人によってそれぞれで、1日のうちに2〜3回する人もいれば、2〜3日に1回程度という人もいます。
便秘の定義としては、日本内科学会や日本消化器病学会が以下のものを挙げています。

便秘とは?

  • 3日以上排便がない
  • 毎日排便しても残便感がある
  • 便の水分量が低下している
これに当てはまる!という人も多いのではないでしょうか。

しかし、排便の頻度は個人差が大きいので、これに当てはまるからといって必ずしも便秘だとは言えません。
回数は少なくても、排便後がすっきりしていれば便秘ではないともいいます。
また、排便回数や排便の頻度とは別に、便は出ているけど
  • 細い
  • 硬い
  • 臭う
  • 腹痛を繰り返す
などの症状も便秘の症状といえます。


排便の仕組み

口から入った食べ物は各消化器官で消化され、必要な栄養素は吸収されていきます。
その中で吸収されなかったものが、便として排出されることになっています。
それは、食事をしてからおよそ12時間〜72時間ほどかかるといわれています。
食道・胃・小腸で消化・吸収された食べ物は、大腸に到達するとそこで便となっていきます。
大腸では、腸内細菌によって腐敗や発酵が進み、腸管が水分を吸収しながらぜん動運動によって移動していきます。
それが、直腸に到達すると直腸の壁を刺激し、便意をもよおし、肛門から便が排出されます。


便秘の種類とその原因

便秘には大きく分けて「機能性便秘」「器質性便秘」の二つに分けられます。
便秘になってしまう原因は、便が作られる途中に、排便の仕組みに異常が生じることにあります。
  • 異常@ 腸管の水分吸収量が増え、便の水分量が減るため、硬くなる
  • 異常A 腸のぜん動運動が弱くなるため、便の移動が遅くなる
  • 異常B 排便反射が弱くなるため、便意を感じなくなる
  • 異常C 腸が病変することにより腸管が狭くなる

機能性便秘

一時的な「急性」、日常的に続く「慢性」、薬の副作用による「医療性」とに分けられます。

急性便秘
  • 大腸のぜん動運動が鈍ることにより、一時的に排便されない状態。
  • 水分や食物繊維の不足、環境の変化、ダイエットなどが原因となることが多い。

慢性便秘
  • 弛緩性便秘…大腸のぜん動運動の弱まりや、筋力低下によって便を押し出す力がない場合に起こりやすい。高齢者や女性に多い。
  • けいれん性便秘…ストレスが原因となったりして、自律神経の乱れることによって起こる。便は小さくコロコロしていて、男性に多い。
  • 直腸性便秘…脳に便意が伝わらないことで起こる。便意を我慢することが多いのが主な原因。

医療性便秘
  • 薬の種類によっては、効果が得られる反面リスク(副作用)があり、それによって排便されない状態。


器質性便秘

腸そのものが病変したことによって起こるもの。

腸閉塞や腫瘍、炎症などにより、便が通過できない状態や、腸の大きさや長さなど先天性の問題によることが原因で、排便されない状態。
腹痛やお腹の張りを感じ、嘔吐などの症状もあらわれます。
「機能性便秘」とは比べ物にならない程の苦しい症状なので、早めに病院で診てもらわなければいけません。


頑固な便秘

便通がひどく悪くて、長い間、便が腸にとどまっているとよく「宿便がたまる」といわれます。
また、「宿便の色は黒い」「宿便は臭い」などとも言われます。
それは腸の内側はひだ状になっているため、宿便はひだの奥にひっかかった状態になっていると想像する人が多いからなのではないでしょうか。

しかし、医学的には「宿便」ではなく「滞留便」といい、ひだの奥にひっかかることもないとされています。
腸内に長期にわたり留まることで、水分を吸収され過ぎてしまい、悪玉菌という有害な菌が増えるため、有害物質が作り出されてしまいます。
従って普通の健康な便に比べると、宿便(滞留便)は硬くなり、色も黒く、においも臭くてキツくなってしまうのです。

このような便が排便されると俗にいう「宿便が出た」ということになります。
排出されればスッキリするのですが、これを放っておくと腸内環境が悪化していき、毒素が発生して腸の内側から吸収され、その結果、様々な悪影響を身体に及ぼすといわれています。
便秘がどのように身体に悪い影響を与えるかは、また別のページでお伝えしますが、身体への影響を回避するためには、善玉菌と言われる有益な菌が腸内で育つような環境をつくることが一番よいとされています。

そのためにはまず、正確な原因を突き止めなければいけません。
生活の習慣を見直すこと、食生活を見直すこと、さらには自分の体質を知ることが大切です。