便秘になるとなぜ太る?

便秘になると「太ったかも???」と焦り、便秘解消を兼ねてダイエットを始める人もいるのではないでしょうか。

  • 便秘の時のダイエットで成功した人はいるのでしょうか?
  • そもそも便秘することによって、なぜ太るのでしょうか?
  • 便秘解消とダイエット成功の関係性は何なのでしょうか?

そのあたりをここで紹介していきます。

 

むくみ腸が原因かも?

「むくみ腸」という言葉を聞いたことがありますか?
便秘が慢性的な状態になっていると、大腸に滞留している便の中に含まれる水分が、腸壁に吸収されていきます。
便秘により腸の血流が滞っているため、吸収された水分は排出されず、腸壁にたまっていき腸自体がむくんだ状態になります。
これが「むくみ腸」と言われています。

 

「むくみ腸」になると、身体全体もむくんだ状態になり、冷えや代謝異常などを引き起こします。
身体が冷えて代謝が悪くなると、エネルギーを消費できずその結果、太ってしまうということなのです。

 

便秘が続いていて

  • 脚などのむくみがとれない
  • ニキビや吹き出物などの肌荒れが治らない
  • ダイエットの効果があらわれない

などが当てはまっている場合は、「むくみ腸」の可能性があります。

 

「むくみ腸」を改善するには、生活習慣や食生活の見直しはもちろんですが、お腹周辺の筋力を鍛えることがポイントです。
筋力がつくと便を押し出すための腹圧を高めることができ、さらに血流がよくなるため、腸管にたまった水分を流すことができます。

 

ダイエット成功の秘訣は便秘の解消から

便秘はダイエットの妨げになるといわれています。
その理由は、老廃物が滞留することで「栄養分の消化・吸収の効率が悪く」なり、さらに「代謝が悪く」なっていくため、冷えやむくみが生じ「脂肪が蓄積」しやすくなるからです。

 

いくら運動したり食生活を見直したりしたとしても、腸内に老廃物が滞り、有害物質が発生して環境が悪化していると、必要な栄養素が取り込まれず、腸壁から吸収された有害なものにより、血流が悪くなるためエネルギーが燃焼されず、脂肪として蓄積されていってしまうのです。
これではせっかくの努力が無駄になってしまいます。

 

ダイエットを成功させるカギは、まず腸内環境を改善して、便秘を解消することにあります。
健康はお腹から。
美容もお腹から。
そして
ダイエットもお腹から。