便秘に効くツボはここだ!

全身には300カ所以上ものツボがあるといわれていますが、それぞれが体の部位に対応していることはご存知のとおりです。

ツボを押して激しく痛むとその体の部位は悪いとされています。
便秘の解消に効果のあるツボは全身にいくつも存在しますが、胃や腸などの内臓に対応しているツボだけではなく、自律神経を整えるのに効果的なツボやストレス軽減に効果のあるツボを刺激することも重要です。

ここでは、セルフマッサージしやすい[手」と「足」のツボをご紹介します。

ツボ押しの注意点

早く便秘を解消したいからといって、グイグイ強く押してはいけません。
まずはリラックスして、優しくマッサージするところから始めましょう。
お風呂上がりなどの身体が温まっている時がおすすめです。
また、飲酒後は厳禁です。

手のツボ

  • 合谷(ごうこく) … 手の甲側の親指とひとさし指の間にあり、少しへこんでいる部分になります。 「万能のツボ」ともいわれ、頭痛・肩こりなどにも効果があります。
  • 神門(しんもん) … 手のひら側の小指側の手首の付け根にあります。小指からまっすぐ下ろしたくぼみのある部分になります。ストレスを軽減するツボといわれています。
  • 間使(かんし) … 手のひらの下から指5本分のあたりになります。痛いと感じるくらいの強さが効果的で、排便中に指圧すると良いといわれています。
  • 支溝(しこう) … 手の甲側の手首から指3本分のあたりになります。水分代謝に関わるツボで、あらゆるタイプの便秘に効果があるとされています。敏感な人だと、3〜5秒の刺激で便意を感じることもあるようです。

足のツボ

  • 足裏の土踏まず周辺 … 胃や腸に対応するツボが、土踏まず周辺に集中しています。強めに押しても大丈夫なのでしっかり刺激しましょう。
  • れいだ … 第二指の爪の横で、第三指と隣り合うところになります。胃腸が悪いと痛みます。また、むくみ解消にも効果があります。
  • 足三里(あしさんり) … 膝下の外側で指4本分のあたりになります。「万能のツボ」とも言われています。便秘だけでなく下痢や嘔吐、腹痛などの胃腸全般の不調に効くとされています。
  • 三陰交(さんいんこう) … くるぶしの内側で指4本分上のあたりになります。胃腸以外の内臓器官にも効果があります。身体の冷えを改善する効果もあります。